一般社団法人全国避難設備工業会

告示基準前の救助袋について

告示基準前救助袋は、点検で不備が確認された場合は使用し続けることができません。

告示基準前救助袋とは「避難器具の基準を定める件の一部を改正する件」(昭和56年消防庁告示第8号)により救助袋の構造、材質及び強度に係る技術基準が策定される以前から設置されている救助袋をいいます。

  • 告示基準前救助袋(認定マークのない製品)については、一定の基準で製作された製品ではないので、素材・耐久性などにバラツキがあります。
  • 告示前救助袋の本体布については、十分な強度を有してない製品が多いことがわかりました。

    • 劣化の進行は目視ではわからない場合があります。