一般社団法人全国避難設備工業会

   

防火設備検査員講習のご案内

建築基準法第12条第3項に基づき、政令又は特定行政庁により指定された建築物の防火設備(感知器連動で動く防火扉・防火シャッター等)は、所有者等が定期に建築士または防火設備検査員に検査させ、その結果を特定行政庁に報告することが義務付けられています。公共建築物の防火設備も同様に定期検査を行う必要があります。防火設備検査員の資格は本講習を受講・修了し、さらに実技講習を修了することにより取得できます。

Download (PDF, 251KB)