新着情報 基本情報 業務内容 業務情報 沿革
個人情報 リンク集 公開情報 関係法令 会員専用
トピックス あれこれ 避難器具動向 避難器具型式一覧

緩降機の正しい使用方法について

リーフレット表

全国避難設備工業会では、平成29年11月24日に名古屋市の診療所において発生した、緩降機を使用した避難訓練中の、取り扱いの不備による複数名の参加者が負傷した事故を踏まえまして、緩降機を用いた降下訓練時の留意事項や、緩降機本体に対する注意喚起の表示等をとりまとめたリーフレットを作成いたしました。


リーフレット裏

使用する際は、このリーフレットも含め適切な使用方法を遵守いただけますようお願い申し上げます。



取り扱い上の注意事項です。

  1. 消防法第17条の3の3に規定する消防用設備等の点検が確実に行われており、当該避難器具(緩降機)に不備事項がないことを確認してください。
  2. 「調速機」と「着用具」との間の「ロープ」は10cm程度であることを確認してください。
  3. 訓練参加者は、長袖長ズボン等、体表の露出が極力少ない服装をできる限り着用してください。
  4. 避難器具(緩降機)の使用方法を熟知している人につとめて立会いをしてもらった上で、その指導の下に実施してください。
  5. 使用方法を熟知している人から使用方法等についての事前説明を受け、その人が降下テストを行った後に実施することが望ましいです。


避難器具(緩降機)を使用する際の注意点です。
次に掲げる図の部分に特に注意してください。

着用具確認

着用具の締付けを確認する


長さ確認

短い方のロープが10cm程度であることを確認する。

握り

ロープを二本とも握り、


飛び降り

降下姿勢を取る。
絶対に飛び降りない



作成に至るまでの経緯についてはこちらをごらんください。

また、平成31年1月1日以降の緩降機受検品につきましては、全ての製品に注意喚起ステッカーが貼付されます。

注意喚起ステッカーにつきましては、可能な限り既存設置製品にも貼付いただけますようご協力をお願い申し上げます。

注意喚起ステッカーの入手方法は工業会までお問い合わせください。